1/39

ヤヌコビッチ大統領の圧政に対する市民の抗議デモは2014年2月に激化。鎮圧のための軍、警察との衝突がキエフ市内で繰り返された。市民デモの死者は82人、負傷者は1100人を超える。このデモによりヤヌコビッチは国外逃亡。新政権が樹立されるもロシアのクリミア併合を招き、ウクライナ動乱の導火線となった。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now